~Invitation to Herbarium Afternoon Vol.2~

15 Oct

~Invitation to Herbarium Afternoon Vol.2 ~
〜ハーバリウムワークショップへのお誘い〜

最近では、お花屋さんや雑貨屋さんの店頭でも
たびたび見かけるようになったハーバリウムを、
ご自身の手で自分好みに創ってみませんか♬

…の前に、そもそもハーバリウムってなに?

そんなあなたのためにシンプルに説明すると、
ハーバリウムとは「植物標本」を意味する言葉。

思い思いのドライフラワーやプリザーブドフラワーを
ガラス瓶の中に詰め、ミネラルオイルで
その美しさを封じ込め創る鑑賞用のオブジェ…
そんなイメージを持ってて頂ければいいかと思います♬

出来上がった作品は、生花と違い、
水換えやお手入れを必要とせず、約1年以上※
その美しさを保ったままお楽しみいただけます。

また格式高い生け花やお花の知識を必要とする
フラワーアレンジメントと違い、制作するにおける
細かいルールやお作法もないので、伸びやかに、
そして心の赴くままに、お花と色で
遊ぶひとときをお楽しみいただけると思います。

今回は、午前と午後の2部生で「秋」「冬」「クリスマス」を
テーマに作品創りを行います。

参加を希望される方は、LINE、メール、Facebookなど、
ご都合の良い方法でご連絡ください。

IMG_3105

▼日時
11月12日(日)

Part1:
11:00〜(2.0hr)

Part2:
14:00~(2hr)

▼場所
〒1500043 東京都 渋谷区 道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂 701号室
https://www.google.com/maps?q=35.6573443,139.6977124&zoom=16

▼アクセス
各線渋谷駅から東急井の頭線改札方面に向かい、渋谷マークシティの出口を出ると当スペースのある「プリメーラ道玄坂」が出てきます。
(マークシティ出口から徒歩3分ほど)

▼定員
午前、午後の部ともに各5名まで

▼参加費
¥3,000-
(+材料費¥1,000-で2作品目の制作も可能。)

※参加費に含まれるもの。
受講代、ハーバリウム1作品分の材料代、及び場所代。
※お飲物は各自ご持参ください。

▼主催
Bottle Message Lab
直江佳子

▼連絡先
contact@bottlemessagelab.com

IMG_3004

Advertisements

Invitation to Herbarium Afternoon

2 Oct

~Invitation to Herbarium Afternoon ~
〜ハーバリウムワークショップへのお誘い〜

今、巷でじわじわブームになりつつあるハーバリウムを
ご自身の手で創ってみませんか♬

…の前に、そもそもハーバリウムってなに?

そんなあなたのためにシンプルに説明すると、
ハーバリウムとは「植物標本」を意味する言葉。

思い思いのドライフラワーをガラス瓶の中に詰め、
ミネラルオイルでその美しさを封じ込め創る
鑑賞用のオブジェ…そんなイメージを持ってて
頂ければいいかと思います♬

出来上がった作品は、生花と違い、
水換えやお手入れを必要とせず、約1年以上※
その美しさを保ったままお楽しみいただけます。

また格式高い生け花やお花の知識を必要とする
フラワーアレンジメントと違い、
制作するにおける細かいルールやお作法もないので、
伸びやかに、そして心の赴くままに
お花で遊ぶひとときをお楽しみいただけると思います。

本格な秋の訪れを感じ始める10月上旬。

自分の内側から湧き上がる感性を、
ハーバリウムの世界で表現してみませんか♬

※直射日光の当たる窓際などでは退色が進みます。

▼日時
10月9日(月)
14:00〜(2.0hr)

▼場所
〒1500043 東京都 渋谷区 道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂 701号室
https://www.google.com/maps?q=35.6573443,139.6977124&zoom=16

▼アクセス
各線渋谷駅から東急井の頭線改札方面に向かい、渋谷マークシティの出口を出ると当スペースのある「プリメーラ道玄坂」が出てきます

▼定員
6名

▼参加費
¥3,000-
(+材料費¥1,000-で2作品目の制作も可能。)

※参加費に含まれるもの。
受講代、ハーバリウム1作品分の材料代、及び場所代。
※お飲物は各自ご持参ください。

▼主催
Bottle Message Lab
直江佳子

▼連絡先
(080)5174-6794
contact@bottlemessagelab.com

マーメイドラグーン

30 Jul


色鮮やかな海の底を、人魚になって
自由自在に泳いでる夢を見ました。

海の底は、ひやっとしてて、
少し心細くて、でも美しくって、自由。

海面は賑やかで、顔馴染みがいっぱい。
時々水面に上がっては、
友達に手を振っていました。

そして、少し自分の時間が欲しい時には、
海の底の静寂へ。


昔から、水中を泳ぐ夢を見る事が多い私。

昔から、現実でも夢の中でも、
少しばかりの心細さに、
ドキドキとワクワクを覚えてきた私。

だから、水の夢って凄く好きです。

美しくって怖いから。

夢占いでも習おうか。

本との出会い

28 Jul


自分の家は自分で作ってしまっていた、今は亡き祖父の愛用参考書。

そして父の幼少期からの愛読書。

ページを開けば、何が書かれてるか言い当ててしまう程読み込んでいるのだけど、

今でもとても綺麗な状態から、大事に大事に読んでいたんだろうなぁと思う。

父は最終的には建築の道には進まなかったけれど、後に建築を目指すきっかけとなったは、この本がきっかけだったらしい。

本との出会いって、不思議。 
そして大切にしたい。

そんなことを思った、両親との晩酌でした。

変化を進化に

16 Jul

赤の他人である誰かが、自分のために時間を
割いてくれる。

1時間だったら、1日のうちの24分の1。

2時間だったら、1日のうちの12分の1。

赤の他人であるはずの誰かが、
私が自分自身の未来に望む結果を
出せるように、
「答え」でではなく「考え方」を
教えてくれること。

私の目先の問題だけじゃなく、
私の目の前にいる人たちの、
その目線の先に問題が起きて
しまった時には、
今度は私がサポート出来るような
考え方を教えてくれること。

「ありがとう」という言葉に尽きる。

でも「ありがとう」という言葉では
言い尽くせない。

そして私に割いてくれた時間を
無意味にしないためにも、

「ありがとう」を本気で伝えたいなら
「感謝は結果で」。

一番身近な人たちにすら、
全然恩返し出来てない自分自身に
焦るけど…

「私って幸せモノだなぁ…」なんて
ふわふわした気持ちに溺れてないで、

急げ、でも焦るな。

もしも私が…

9 Jul


「あなたの人生の中で、1番豊かに恵まれているものは何ですか?」

と聞かれたら、私は即答で

「人です。人間関係、人との出会いに恵まれています。」

と答えるでしょう。


時々、
「私は私の周りの人をちゃんと大事にしてあげられてるのかな?」という質問を自分に問いかけるのだけど、

私が大切にしている本の一節には、

あなたがこれまでどれだけ感謝を実践してきたかは、今この瞬間にすぐ分かります。金銭状態、健康、幸せ、仕事といったあなたの主な面を見て下さい。豊かで素晴らしい分野はあなたがたくさん感謝をして来た結果…

とあります。

…という事は、気付かずして、少なからずは感謝をし、人を大事にして来られたのかな?とも思うのです。



でもまだまだ、もっともっと「ありがとう」を表現出来るはず。

「感謝」の表現力豊かな人になりたいな、って思います。

最近は、「ありがとう」と伝えたい出来事に日々が溢れているので、書き綴っておきたくなりました。

❤︎live a life full of love❤︎

また一つ歳を重ねました

11 May

 

 

instagram中心になっていて、
ずいぶんと長い間、ブログの方がおざなりになっていました。

昨日、5月10日は
私の31歳の誕生日でした。

まずはじめに、facebookやLINE、その他のルートで
お祝いのメッセージを下さった方々、
本当にありがとうございます。

一つ一つ、もう一度目を通してから
メッセージを返すので、しばしお待ち下さい♡

こんなに多くの人と、私は関わってきたんだな…
と思うと、不思議な感じがしました。

24時間ある1日のうち、
メッセージを書くために数秒でも、数分でも
私のために時間をとってくれたこと、
私のことを頭に浮かべてくれたこと、
本当にありがたいです。

Thank you so much….


30歳は、「お、30代に仲間入りしたぞ」
という感じだったけど、
31歳は、「本格的に、本物の30代だわ。」
という感じ。
そんな心境の変化すら楽しいです。

30歳になった去年の5月10日から、
31歳になった昨日の5月10日。

充実した365日だったな。

img_0726-1


昨年5月には、
私の中のニューヨーク愛を確かめるべく、
数年ぶりにニューヨークへ。

今思えば、この「確かめる」という行動を
このタイミングで取ったのも、必然。
人生は、本当に面白い具合に
パズルのピースが揃っていく。

中心となるピースが見つかったのが10月。

そこから色々と変わった。
それについては、
また追々書こうと思います。


2016年から2017年。
31歳のこの歳は、周りからみても
私が創ろうとしている絵が
どんな姿をしているのかが分かるように、
パズルのピースを揃え、はめていく。

この世に生まれてこれたこと、
両親の元に生まれてこれたこと、
家族がいること、
今日、命があること、
大切な人たちが、今日も生きていること、
未来を思い描けること、
未来にワクワクできること、

私に与えられている全ての「こと、もの」に感謝します。